2017年3月4日土曜日

ダイエット ウォーキングを楽しんで痩せる



◎ウォーキング


ウォーキングダイエットとは、その名の通り「歩くことで行えるダイエット方法」です。



私達が普段、意識せずに行っている「歩く」という動作は、実は有酸素運動になります。



ウォーキングと言えばジョギングや激しい運動に比べ体にかかる負荷が少ないので手軽に始められる有酸素運動の一つではないでしょうか?



ウォーキングは体の脂肪燃焼になかなかの効果を上げてくれるのでダイエットには最適なのですが、皆様も経験がある方も多いと思いますがなかなか結果が出ないって声をよく聞きます。



まずは始める前にその辺を勉強していきましょう!





一生懸命続けてるのに痩せない…
割と距離も時間もとってがんばってるのに…



■消費カロリーが負けてるのでは…?


1週間…1か月…2か月…
と頑張ったけど、続けてるけど結果が出ない…



ダイエットをする時の基本なのですが、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなってたりしませんか?



体に取り込むカロリー>運動して使うカロリー
もしくはその両方が同じくらい



消費カロリーが負けてるんではないでしょうか。



とにかく運動すれば痩せる、体重が減ると思いがちですがせっかく運動でカロリーを使ってもその分食べたり飲んだりしてしまうと消費されたとしてもごくわずかだったりします。



ウォーキングと言うのは体にかける負荷が少ない分使うカロリーも少ないわけで、長い期間継続していかないとなかなか結果が出ません。



カロリーの事もきちんと頭に入れて続けていかなければいけないと言うのが少しお分かりいただけましたでしょうか?




■痩せる効果のあるウォーキングダイエットのやり方を勉強していきましょう。


ウォーキングダイエットは、ただ歩けばよいということではありません。



より効率よく酸素を体の中に取り込み、脂肪をきちんと燃焼させるためには(歩き方)がとても重要です。



正しいウォーキングダイエットの手順として以下のように行うと効果がでやすいです。


1・背筋をきちんと伸ばし、胸を少し張って視線はやや前方を見ましょう。猫背や視線が足元を見ていては、せっかくのウォーキングダイエットも効果が期待できません。


2・歩くときは腕の振りを意識しましょう。


3・歩くときの足の着地はかかとから行い、踏み出す際は親指に力を入れて地面を蹴り出します。足幅は大きめにを意識しましょう。少し早足で歩くことも意識しましょう。




景色を眺めながら、友人や家族と話に花を咲かせて歩くのでは散歩になってしまいますが楽しく行わないと続くものも続きませんから意識は忘れずに。



ウォーキングダイエットにおける適正なスピードはいつもの歩くスピードではなくやや早歩きです。



友人やご家族と一緒にウォーキングダイエットをする場合でも、楽しく話しながらも少し息が上がる程度がよいでしょう。



有酸素運動において脂肪燃焼効果が現れるのが運動開始から約20分後と言われています。
このためウォーキングダイエットを行う場合でも、(20分以上歩く)というのが目安となります。



とは言えいきなり最初から40分も50分も歩いては疲れてしまいますから、最初は20分を目標に歩き始めそして徐々に時間を増やしていくのが効果的でしょう。



歩くことでふくらはぎが収縮し、血流が良くなります。



ふくらはぎは第二の心臓という言葉を聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。



血流が良くなると体が温まります。そして脂肪を燃焼しやすくなります。



運動が苦手な人はなかなか体を動かす機会が少ないため、脂肪を燃焼するということを実感することもあまりないかもしれません。



しかし、ウォーキングは他の有酸素運動と比べてもとても簡単です。



体がポカポカと温まってくればしめたものです。



一歩ずつ一歩づつ、痩せる準備が整ってきた証です。



また、ウォーキングすることによりふくらはぎだけではなく体全体が活動し始めるので、続けることでバランス良くスタイルを整えることになるのです。



初めから無理せず、楽しみながら始めてみてください。