2017年2月13日月曜日

あんぱんまんの面白い記事を見つけましたので

ご紹介したいと思います。

実は私の2歳の娘が大のあんぱんまんのファンなのです。

あんぱんまんで駄々をこねるくらい!

なので私もあんぱんまんが気になってしょうがないのです。

やはり人気があるのにはいろいろな訳がありますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1作『あんぱんまん』のあとがきで、
「ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです」
と作者やなせたかし氏が述べていますが、自分自身は食べることはなく、自らを食事として差し出す自己犠牲のかたまりがアンパンマンです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アンパンマンは顔をあげる時痛くなくむしろ快感


●アンパンマンは最初はひらがなで「あんぱんまん」で、カレーパンマンは「カレーぱんまん」だった

● アンパンマンはもともと、困っている子供達にあんパンを配るただの人間のおじさんだった

● 顔がなくなったアンパンマンはへそで話をしていた

●アンパンマンは顔をあげる時痛くなくむしろ快感らしい

●アンパンマンは最初3頭身でなく8頭身だった

●ドキンちゃんは『風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラがモデル

●ばいきんまんは『風と共に去りぬ』のレット・バトラーがモデル

●しょくぱんまんは『風と共に去りぬ』のアシュリーがモデル

●アンパンマンに登場するキャラクターは全部で2000種類を超え、ギネス記録を持っている

●アンパンマンが食事をするシーンは一度もない

まだまだありますので次回のお楽しみに♪